ドラッグストア アルバイト

MENU

ドラッグストアの求人を探す

ドラッグストアのアルバイト探し※薬局のバイトは人気ですよ。

学生の頃にドラッグストアでアルバイトをしていました。

 

ドラッグストアでの仕事って聞いたら、それなりに薬の事など詳しく知っていないと出来ないのでは?と思われがちですが、実際は薬の知識等なくても問題ないですよ(^_^)/

 

最近は「ドラッグストア=スーパー」的な感じで、日用品とかも豊富に取り扱っているので、ドラッグストアと言っても「薬屋」っていうイメージはなくなりましたよね。

 

ちょっと規模の大きいコンビニだと思ってくれたら分かりやすいと思います。

 

仕事内容も、基本的にはレジ打ち・商品の陳列など簡単な作業で、薬などの難しい事に関しては、常勤している薬剤師のスタッフの方に任せてしまえばOKです。

 

学生さんや主婦の方にもドラッグストアのバイトは人気ですよね。

 

そこで、ドラッグストアのアルバイト求人をお探しの方にお勧めのアルバイト求人情報サイトを紹介しますね。

 

アルバイト求人サイト

ジョブセンス

ジョブセンス

 

ジョブセンスはアルバイト求人数が多く、お勧めの求人サイトとなっています。
何より、ジョブセンスに登録してバイトが決まれば、最大2万円のアルバイト採用祝い金が貰えるんです!
バイトも探せて、お祝い金までもらえるので凄くお得ですよね(^^)/

 

≫ジョブセンスでバイトを探す

 

 

バイトルドットコム

バイトル

 

ドラッグストアのアルバイトを探すならバイトルドットコムもお勧めです。
国内最大級のアルバイト求人サイトで、60,000件以上もの仕事件数を紹介しています。
バイト検索も簡単で、自分の条件に合ったバイト先が探しやすいです。

 

 

≫バイトル公式サイトへ

 

 

バイトーク

バイトーク

 

バイトークでは、実際に職場に働いている方が仕事内容・職場の雰囲気・人間関係などについての紹介をしてくれています。
アルバイト環境が想像しやすくなっているので、自分に合ったバイト先か分かりやすくなっています。
バイトークを利用して働き先決まった場合は、最大3万円の採用祝い金がもらえますよ。

 

≫バイトークでバイトを探す

 

 

フロム・エーナビ

フロムエー

 

フロム・エーナビもお勧めのバイト求人サイトの一つです。
大手求人情報サイト・リクルートが運営しているので、求人件数も豊富で人気がありますよ。

 

 

≫フロム・エー公式サイトへ

 

 

薬剤師求人

ドラッグストアの薬剤師求人をお探しの方は、こちらから探すことが出来ます。
登録する事により、非公開求人を見る事も出来るので、薬剤師の求人をお探しの方は登録しておくといいですよ(^^)/

 

薬剤師ナビ

薬剤師ナビ

 

薬剤師ナビは、「マイナビ薬剤師」や「エムスリーキャリア」などの、大手薬剤師求人情報サイトに一括で登録できる便利な求人サイトとなっています。
一括登録する事により、多くの求人情報をみる事が出来、自分に合ったお仕事先を探すことが出来ますよ。もちろん無料となっています(*^^)/

 

≫薬剤師ナビ公式サイトへ

 

 

ジョブデポ

ジョブデポ

 

薬剤師求人サイトのジョブデポは、入職決定で最大40万円のお祝い金をもらう事が出来ますよ。凄いですよね(*^^)v
求人も、全国対応で多くの求人案件があるので、自身に合ったお仕事先が見つかると思います。

 

≫ジョブデポ公式サイトへ

 

 

バイト求人対応地域

北海道地方: 北海道
東北地方: 青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県
関東地方: 茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都(新宿区、中央区、港区、千代田区、文京区、世田谷区、墨田区、江東区、大田区、目黒区、品川区、台東区、渋谷区、杉並区、板橋区、豊島区、北区、荒川区、中野区、練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区)・神奈川県
中部地方: 新潟県・富山県・石川県・福井県・山梨県・長野県・岐阜県・静岡県・愛知県
近畿地方: 三重県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県
中国地方: 鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県
四国地方: 徳島県・香川県・愛媛県・高知県
九州地方: 福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県
沖縄地方: 沖縄県

 

人気のドラッグストア

 

アルバイトするならどこがいいでしょうか。昔からアルバイトの王道といえばコンビニでした。それはコンビニのアルバイトが楽だからというわけではなく、常にアルバイトを募集しているからです。

 

ですから、いざとなったらコンビニがあるという、フリーターは今も昔も多いということでしょう。確かにコンビニに行くとアルバイトの募集広告をよく目にします。

 

アルバイト先を探している人にとっては朗報であることには間違いがないのですが、考えてみると常に募集しているということは常に人手不足ということになります。

 

それは裏を返せばアルバイトの離職率が高いということにもなるのでしょう。コンビニの仕事は多岐にわたるため見た目以上に忙しくやることが多いのも一因のような気がします。

 

それに対してドラッグストアのアルバイトはどうでしょうか。いまではどこの街にもドラッグストアがあります。
数年前までに流行ったディスカウントショップがドラッグストアに変わったような印象も受けます。

 

ドラッグストアもコンビニもそれほど仕事内容に変わりはないように思うのですが、ドラッグストアで働きたいという人は多いのはなぜでしょうか。

 

それはコンビニに比べて店舗面積が広く、従業員が多いのも一つの要因になっているように思います。
コンビニの場合は店舗面積は狭いのですが、やることが多く、それが覚えることが多いということにもなるのです。

 

実質個人的な負担が増しているのも最近では敬遠される要因となっているようですね。