ドラッグストア アルバイト

MENU

採用してもらうには

アルバイト募集だからといって誰でも即採用というわけにはいかないようです。

 

たとえば人気のドラッグストアのバイトの場合、アルバイト募集と書いてあるだけでは、何人のアルバイトを採用するのかがわかりません。それが若干名なのか、3名なのか5名なのか皆目見当がつかないのです。

 

お店側とすれば、いい人がくれば何人でも雇いたい算段なのかもしれません。実際に5名採用しても2,3名は辞めていくことを考えたら、考えているよりも少し多めに採用したいと思うものかもしれませんね。

 

それでも多めに採用するからといって誰でも採用するというわけではありません。誰にも向き不向きというものが存在します。明らかに接客ができないような人、話し方が乱暴であったり、きちんと挨拶ができないという人はまずドラッグストアでは採用されないでしょう。

 

挨拶ができるかどうか、敬語がきちんと使えるかどうかというのは面接のときにすぐにわかります。そのようなときに敬語も使わずに挨拶もしないのであれば採用はまず無理と考えてもいいでしょう。

 

お店の中に入ったらきちんとできるという人も中にはいるようですが、面接のときにきちんとできないのに実際の本番できちんとできるとは誰も考えないのです。

 

ですから、採用してもらうのであれば、面接のときからきちんと挨拶をする、敬語を使うというのは基本中の基本です。また面接のときに普段着で行くのはやめましょう。

 

ある程度きちんとした服装の方が与える印象がいいからですね。